コメントする

シアリスを服用した際に出る副作用

シアリスはバイアグラ、の後に誕生したed治療薬で、効果の維持時間が36時間まで達します。世界中の男性に愛用されています。その副作用に心配する方もたくさんいると思います。シアリスはバイアグラなどのED治療薬に比べて、吸収がゆっくりなので、副作用もそれなりに少ないです。これからシアリスの副作用について紹介します。

シアリスを服用した際に出る副作用については、偏頭痛や顔が赤くなる、ほてるなどで、シアリスを服用した人のうち20%ほどにおいて発生しています。その他にも、めまい、鼻水、鼻ずまり、消化不良、腰痛、筋肉痛、背痛、情緒不安定、下痢、発疹が起こる場合もあります。

偏頭痛や顔が赤くなるのよんな症状の原因は、シアリスの有効成分であるタダラフィルの効果で、血管が拡張されその効果が全身に発生しているからです。シアリスの効果がしっかりと効いている証拠だと思ってください。

また、心血管系の病気を持っている人がシアリスを服用するとひどい副作用が現れるケースがあります。心筋梗塞や心臓突然死といった非常に重篤な副作用が発生する恐れがあります。これ以外にも、脳梗塞・心筋梗塞・心不全などの既往歴がある場合、肝 臓障害や腎不全を患っている場合、不整脈・低血圧・高血圧の場合なども、重篤な副作用が発生する可能性があることから服用の禁止あるいは制限がされます。

シアリスの副作用は体の状態によって決まります。シアリスに敏感な人も必ずいると思いますが、全体的に見ますと、シアリスは副作用が軽いED治療薬になります。服用の際には医師の診断をよく聞き、用法用量を守って服用しましょう。もし、こうのような副作用を発生するかどうか感じる場合はすぐ病院で診察を受けてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です